居座り猫「うし」
F10、もっとがんがれ
猫の画像あぷろだでF10ユーザーの画像(しかもISO1600)を見せて頂いた。
http://imageboard.xrea.jp/imgboard2/imgboard.htm

比較的低価格なF10で撮影領域が広がったことは歓迎すべきことだが、やはりISO1600は厳しすぎるノイズの多さだ。ネコ撮りの人たちには、猫ちゃんの瞳孔が開いたとき(つまり暗いとき)に可愛く撮りたいとの要望が強い。富士フィルムさん、もっと頑張れ。

っていうか、前にも書いたけど、やっぱり画素数をもっと削っていいんじゃないの。
300万画素もあれば、風景の遠景などを解像するのでも無い限り、十分。ましてや2L印刷やWeb用であればなおさら。確かにトリミングを活用しずらくなるが、そこまで望むのは無理というものだろう。
以前にも書いたが、企画の方向性には強く賛同する。手ぶれ補正よりも高感度低ノイズだ!!
富士お得意のハニカムで、キャノンのデジ一眼と並ぶぐらいの低ノイズセンサーを作ってくださいな。
ranking_banner_03.gif
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック