居座り猫「うし」
検査結果
うしさんの血液検査から1週間、結果を聞きに行きました。

まずは一般的な検査項目1
良く見ればL/Hの項目がありますが、1つ1つ説明を頂き、いずれも大きな問題は無いとの説明。

続いて検査項目2
こちらも1つ1つ説明を頂き、いずれも大きな問題は無いとの説明。
追加の猫アミロイドAやT4も問題無し。
うしさん、γ-GTP低いんだね。飲酒を控えているからかな?

さて、と取り出された検査結果3。
うしさん検査結果_20121117_03up

猫特異的リパーゼ(Spec fPL)。異常あり
この数値の高さは膵臓に問題があることを示している。

しかしながら、膵臓機能を改善する治療法は特に無い。対症療法になるとのこと。

膵臓は脂質の分解を助ける臓器。
つまり、脂質の少ない食事にしたほうが良いだろうということ。

うしさん、マグロの中トロは全部私が食べてあげるからね。

20121110_0006_1280up.jpg


糖尿病との併発が怖いとされていますが、いまのところ飲水量も正常でそちらは大丈夫そうです。

実のところ、吐き気止めと制酸剤が切れてから、また嘔吐しました。
嘔吐後は数時間食事を取らせないようにしますが、このときのオネダリが強烈で大変です。
うしさん、膵臓を休ませるんだよ。オネダリしてる場合じゃないでしょうが。

ご心配お掛けしておりますが、本猫は食欲もあり、元気で痩せてきてもいません。
早く見つかってよかった、と思えるように頑張りましょう、うしさん。


追記
吐き気が戻ってしまったので吐き気止めと制酸剤を貰いに行きました。

今後の治療方針ですが、まずは吐き気止めと食事改善にて様子を見ることにしました。

1ヶ月を目処に再検査をして、値が悪化する場合には副腎皮質ホルモンなどの
積極的治療も検討することにします。
Spec fPLの数値はひどい場合だと50over(測定不能)になってしまう個体も居るとのことで、
まだまだうしさんは「軽度」の分類です。

推定10歳越えになったことですし、脂肪カット食への切り替えタイミングとして
ちょうど良かったと考えています。

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

ranking_banner_03.gif
コメント
この記事へのコメント
膵臓
膵臓が悪いのですか…
膵臓の働き、と考えた時役割をキチンと言えませんでした。
膵液を消化管に送り込む、つまり消化を助ける器官なんですね。
本当に見た目、健康的ですよね。軽度のうちに治療すると効果が
上がるので良かったです。何より食欲があるのは嬉しい情報です。
(我慢してもらうのはつらいですけどね)
脂肪を抑える食事は膵臓以外にも良い影響を与えるでしょう…
「うしさん、わになまずさんにサポートしてもらいながらがんばってね♪」
2012/11/21(水) 08:44:14 | URL | 枝豆 #aRhDmiMc[ 編集]
体調悪くなされてたんですね
良い方向へ向かわれるといいですね
うしさん、どうかお大事に
2012/11/21(水) 11:49:43 | URL | mikehana #lMBqkpAs[ 編集]
はい、膵臓でした。
自らの消化酵素で自分(膵臓)を溶かしてしまうらしく、厄介です。
うしさんも辛いでしょうが、私的には布団の上に液体ゲーを吐かれるのが
地味に堪えます。
内臓系の病気と分かったのでやむを得ないと諦めて、洗濯中につかう
バックアップの毛布を買ってきました。

---
ありがとうございます。
幸いにも原因と思しきものが捉えられたので、対処を続けていくつもりです。
2012/11/23(金) 19:43:14 | URL | わになまず #FqTu9.sQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック